適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間が長過ぎることによる影響記事一覧

休みの日などにたくさん寝過ぎてしまった朝などに、だるい感じがしたり頭がボーっとしたり頭痛が起きてしまうことはないでしょうか。睡眠時間が必要以上に長いと、寝ている間は身体をずっと動かさないでいるので血液循環が悪くなってしまいます。そのため血行を良くしようと、血管が拡張され感覚神経を刺激することから頭痛が起きてしまうと言われております。疲れているので睡眠を長くとって身体を休めるというのは、よいことなの...

身体が疲れている時にたくさん寝だめしようと思い長時間寝すぎてしまった時に、逆に疲れを感じたり、すっきりしないし頭痛がするなどといった経験はないでしょうか。眠っている間は、身体を動かさないので血の巡りが悪くなります。目覚めた時に血行が悪くなった身体の巡りをよくしようと、血管が拡張すると言われてております。血管が拡張することで、感覚神経を刺激してしまうことが偏頭痛の原因になると考えられております。睡眠...

休日になると普段より遅くまで寝ている人が多くなります。休み前の夜は夜更かしをしがちであり、翌朝は会社に行く必要もないため、どうしても起きるのが遅くなってしまうのです。しかし、会社や学校に行く日と差が大き過ぎると、体はついていけずにバランスを崩します。体に負担を掛けない生活を送ろうとするならば、毎日同じような時間に起きて寝ることです。しかし、夜更かしがストレス発散になっている人もいますし、付き合いで...

睡眠時間が短くなりますと、疲労回復やストレス解消ができず、次の日にも疲れが残ったままになり、それが集中力と記憶力の減退を招きますので、高いパフォーマンスを仕事で発揮するためには睡眠時間を長くする工夫が必要になります。どうしても睡眠時間を長くできない場合には、眠る前に運動をしてストレス解消をしておき、睡眠の質を高めるといった工夫が必要になってきます。運動をすることで、短い睡眠時間の中でも記憶力や集中...

人間の欲求には食欲等、無尽蔵にありますが中でも身近なのが睡眠欲です。疲れている時もそうでない時もいっぱい寝たい、と考えていらっしゃる方は多いと思います。しかし睡眠時間が多すぎると健康に近づけるどころか、むしろ身体にとって悪影響があることもあるのです。そもそも日本人の睡眠時間の平均は6〜8時間であり、決して長過ぎず短すぎるという数字ではありません。しかし人によっては3時間未満の睡眠や12時間以上の睡...