適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

適切な睡眠時間について記事一覧

人の睡眠には2種類あります。レム睡眠とノンレム睡眠です。レム睡眠とは身体は眠っているのに脳は活動している眠りの浅い状態で、この時に人は寝返りを打ったり、ストリー性のある寝言を話したり、睡眠時の異常行動としてよく知られている夢中遊行症(夢遊病)や夜間譫妄(意識混濁に加えて幻覚や錯覚が見られる様な状態のこと)などが起こります。ノンレム睡眠とは身体も脳も眠っている眠りの深い状態なので、こん時はレム睡眠の...

睡眠時間は、人それぞれですが、日本人の平均的な時間は7時間半程度と言われています。しかし、この睡眠時間は未成年と老人では長い傾向にあります。その間の働きだ盛りの年代は睡眠時間が短いようですが、実際には個人差が大きいようです。この年代でも3から4時間の睡眠で十分な人もいれば、9時間以上の睡眠が必要な人もいます。また老人でも睡眠時間が短い人もいます。ともかく基本的には日中に眠気がなくしっかりと活動でき...

身体に強い影響を与えているのは食事、運動、そして睡眠です。睡眠は、適度に取ることが大切で、日本人は平均的には睡眠時間が足りていないことが多いです。特に会社員として働いている人ほど、睡眠が不足している傾向にあり、体調が優れなかったり、身体の回復が遅いといった原因になっていることもあります。歳を取ってから回復力が落ちたという人が多いですが、年を取った影響で睡眠時間が減っていたり、睡眠を取る時間帯が変わ...

睡眠時間の取り方は人によって違います。1日8時間眠らないと調子が悪い人もいますし、5時間で充分の人もいるのです。ところが最近では、睡眠は1.5時間単位で眠ると効果的であるという説が、科学的な実験で実証されたのです。眠りにはレム睡眠とノンレム睡眠の2つの種類があるのですが、レム睡眠というのは身体の眠りといわれており、ノンレム睡眠は脳の眠りといわれているのです。寝ている時にはこの2つの睡眠が交互にやっ...

ひとによって眠りにつく時間は異なりますが、人間の理想の睡眠時間は6時間と言われています。受験生や仕事で忙しい人の中では睡眠に費やす時間が二時間という方もいらっしゃるようです。一般的な常識と睡眠に関する専門医の双方からみて明らかに少ないということが出来ます。基本的には6時間以上睡眠を取る必要は無いのでそれ以上寝ていたいと思っていても寝る必要は無いと多くの睡眠に関する専門家が学会で発表しています。6時...

人間の毎日の生活において、食事、睡眠、運動の3つは欠かせないものです。これら一つでも欠けてしまうと、体のバランスを崩し、体調不良などの症状が出てしまいます。そのため、規則正しい生活、栄養のある食事、適度な運動などを心がけるように言われています。そして、これらは女性にとって当たり前と言われている妊娠、出産にも大きく影響しています。この3つのバランスがとれている方は、体の中の状態も常に良い状態に保たれ...

忙しいとついつい少なくなってしまうのが、睡眠時間です。実際、仕事で忙しくて3時間半とか4時間半しか眠れないという人も多いです。経済協力開発機構(OECD)の調査(09年)では、日本人の1日の平均睡眠時間は1位のフランスより1時間も少なく、18カ国中、韓国に次いで2番目に短いものです。が、その睡眠不足は遺伝子にも悪影響を及ぼしていることが証明される研究が明らかになっているのです。たった1週間、睡眠不...

日本人の睡眠時間は、世界的にみても非常に短いと言われております。毎日の睡眠時間が毎日5時間程度だという方は短めかもしれません。ただし睡眠時間は長ければよいと言う訳でもないのです。休み日などに寝だめをしようと、10時間以上寝てしまった時などに、疲れを感じたり頭がすっきりしない、少し頭痛がするなどと感じたことはないでしょうか。これは眠っている間は、身体を動かさないので血の巡りが悪くなっているので、目覚...

日本人の睡眠の時間の平均は7時間半というデータがあります。そして長生き出来る睡眠時間は7時間だそうです。それよりも短い5時間半、6時間半の睡眠について。睡眠時間が短いと、どういったメリット、デメリットがあるのでしょうか。睡眠時間が短いと肥満度がアップし、糖尿病を発症するリスクがアップし、高血圧のリスクを高め、うつ病のリスクを高める。ざっと調べただけで色々デメリットがありますね。メリットとしてあげる...

睡眠時間は人によって多少の差がありますが、大体6時間か7時間位が最適です。睡眠には波があって浅い睡眠と深い睡眠があり90分位でひとつのサイクルになります。サイクルの区切りの6時間目位に起床をするとスッキリと目覚める事が出来、日中の活動にも良い影響を与えます。人の身体には多少の余裕、遊びの部分があるので誤差としての1時間で7時間の睡眠でも充分良い効果を上げる事が出来ます。睡眠の役割はまず、脳を含めた...

睡眠時間を毎日7時間、8時間とっているはずなのに、なぜか朝は眠いしすっきりしないとお悩みの方は、もしかすると睡眠の質が悪くなってしまっているのかもしれません。睡眠時間が長ければよいというわけではなく、ちゃんとしたサイクルがあるのです。眠り始めからの3時間は特に重要だと言われており、まず身体は脳を休めるためのノンレム睡眠に入り、ここで深い眠りをとると言われております。だいたい90分おきくらいで、脳が...

睡眠時間は脳や肉体の回復を図るためにも、極端に長過ぎたり短過ぎたりするよりも、寝起きが爽快に感じるか否かを目安にして、各々に合うと感じられる時間を取る方が良いとされています。その中でも一般的な論調として、睡眠時間の目安として7時間半前後が適当だとされる説が広まっています。従来は8時間睡眠が良いとされていた睡眠時間でしたが、その後の研究によって6時間半から7時間半の時間の方が、8時間睡眠の時に比べて...

人が生活する上で、どうしても必要とされる睡眠ですが、必ずしも多く取った方が良いとは限りません。人には適した睡眠時間というものがあり、10時間以上の場合は、体質上長い睡眠が必要な人のみ必要な場合があります。それ以外では適した睡眠時間はだいたい6時間から8時間程度となっています。眠りが全体的に浅い場合は、原因を突き止め、場合によっては医師に相談した方が良いこともあります。食事改善、睡眠を取る時間の調整...

基本的に人間の睡眠時間は6時間から8時間と言われており、3時間などのあまりにも短時間の睡眠時間の日々が長く続いていたりすると、健康そのものに悪影響を及ぼしやすく、脳の働きなどが鈍くなったりするなどの支障をきたす場合があります。これは、12時間や13時間という長時間の睡眠を取り続けている場合にも同じような事が起こると言われており、「過眠」として扱われます。この過眠には、異常な過眠と正常な過眠とがあり...

何日も徹夜状態でつかれきったときというのは、確かにそのあと15時間以上とか20時間以上眠ることができますし、慢性的な睡眠不足に陥ったときには、休日にその位連続して睡眠時間をとることができるものです。それだけ寝ていられるということは逆に体が欲している証拠ということもできるのです。しかし、これが日常となると話はかなり別になります。したがって毎日これだけの時間睡眠をとらなくてはならないというのは明らかに...