適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

よりよい睡眠のために記事一覧

人間にとりまして、睡眠というものは無くてはならないものであります。毎日、睡眠をしっかりととって、起きることによってその日の行動がスムーズに運ぶことができるのです。睡眠が少ない状態で、仕事であったり学校の勉強であったり、その他のことを行いますと、頭がぼーっとしてしまって、なかなか集中することができなかったりするのです。ですから、できるだけ睡眠は毎日しっかりととっておく必要があります。しっかりとした睡...

人間にとって眠るという行為はとても大切なことです。人間は眠ることでしか体や脳の疲れを取ることができませんから、しっかり眠らないと疲れを完全に取ることができないのです。疲れというのは残してしまうと昼間の活動に支障が出てしまうことがあります。前日の疲れを残したまままた昼間活動してしまうと、前日の疲れと当日の疲れが合わさってとても大きな疲れを感じてしまうのです。ですから自分の思い通りに活動することができ...

人間にはとても不思議な生態が備わっており、遺伝子の中にはある程度の時間間隔を持つような時計遺伝子といううものがあり睡眠時間に影響するようなものも知られています。この遺伝子に従って私たち人間はそれぞれ異なった睡眠をもっており、人によってちょうど良い睡眠時間が異なっているのです。特に最適な睡眠時間は平均的には6時間ですが、これは遺伝子的に言えば90分のサイクルを4回続けた時が360分で約6時間になり、...

人間は睡眠によって日常での疲労を回復させ、壊れた細胞を修復し更なる成長へとつなげる機能を持っています。しかしそうした機能も最適な睡眠を取ることによって行われることになり、裏を返せば睡眠自体に異常や問題点がある場合は、正常な回復や成長が図れないことになります。睡眠自体の質を左右する要因にはいくつもの条件が該当しますが、基本となるのが睡眠時間の長さと就寝時間帯だと言われています。まず睡眠時間の長さにお...

私たち生物にとって、なくてはならないのが睡眠時間です。効率のいい学習や仕事をしたいけど、睡眠時間との兼ね合いが上手くいかずに悩んでいる人も多いと思いますが、そんな人の為に効率よく睡眠を取り、仕事や学習能力を大幅にあげるコツがあります。個人差はありますが、だいたい90〜120分の睡眠サイクルを1セットとして、自分の睡眠のスタイルを作り上げていくことが基本です。この前に眠る為の準備をする時間として30...

睡眠とは、身体の動きが止まり外的刺激に対して反応が低下し、意識も失われていますが、簡単に目が覚める状態のことをいいます。睡眠は、心身の休息のほか記憶の再構成など高次脳機能にも深く関わっており、睡眠中には下垂体前葉から分泌される成長ホルモンの分泌量が多くなります。したがって、睡眠中には特に子供の成長や創傷の治癒、肌の新陳代謝などが促進されます。そのほか、睡眠によって免疫力の向上やストレスの除去などの...

睡眠時間が十分にとれないと、寝不足により昼間の学業や仕事に影響します。学校や仕事があれば起きる時間は決まっています。そのため、睡眠時間を長くするには早く寝ることが大事です。夜遅くに食事をしたり、遅くまでテレビを見ていたり、不規則な生活をしていると終身時間が遅れます。規則正しい生活を心がけ、毎日一定のリズムで生活していれば、決まった時間に就寝するリズムができます。適度に体が疲れているほうが眠りにつき...