適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

管理人コラム記事一覧

最適な睡眠時間は人それぞれに異なります。しかしながら、以上に長い睡眠時間を取らなければならない人というのも存在します。たいてい、六時間程度の睡眠時間が最適と言われています。もちろん、四時間程度で済んでしまう人もいますが、平均的な時間としては六時間だと言われています。ですから、異常に長いとすれば十時間や十二時間、つまり半日近く眠らなければ十分な睡眠だと感じない人のことを指します。これは俗にロングスリ...

人間は、一生の時間の中の3分の1の時間が睡眠時間と言われています。ですので、ついつい休みの日などに1日寝て過ごしてしまったという方も多いですが、この人生の中での睡眠時間を考えると、より質のいい睡眠をして、出来る限り、アクティブに好きなことをしたり、お仕事をしたりと、有意義に24時間を使いたいと思われる方が増えています。だからといって、睡眠時間を削りすぎる事は、健康に良くない事ですので、毎日6時間か...

仕事や勉強の時間を生み出すために睡眠時間を削ってしまう方はとても多いことと思います。中には栄養ドリンクを飲んで眠くならないようにしたり、睡眠で取るべき疲れを取ろうとする方もいます。ですがこれは集中力を欠いてしまうことになるので非常に非効率的です。なぜならば睡眠でしか効果が期待できないことがたくさんあり、それらは仕事や勉強をする上で大切な集中力を生み出しているからなのです。睡眠時間を削ると言うことは...

人というのは、睡眠時間が少なくていい人と睡眠時間を多く取らないといけない人とに別れるのですが、これはどこからきているのかと言うと、近年、人の睡眠時間に関する研究が、盛んに行われることでわかってきたことから、睡眠の長い人ほどストレスに弱いということなのです。これはどういうことかと言うと、人の脳といのは睡眠しているときに、その日の疲労回復と記憶の整理を行っているのですが、この疲労回復に時間のかかる人と...

仕事が忙しくて帰宅が遅くなると、どうしても睡眠時間が減ってしまいます。人によってどれ位寝ればすっきりするのかは違いますが、自分にとって最低限度の時間を確保できないと、日中も頭が冴えなくなって仕事の効率が悪くなります。そうは言っても、仕事を放って帰ることはできませんので、限られた範囲内の中でどれだけ充実した睡眠を得るかを考えなければなりません。まず大事なのは、トータル睡眠時間をできるだけ確保すること...

睡眠時間をコントロールすることができれば、どれほど有意義に時間を使えるだろう-誰しもが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。人間が生きていく上で、睡眠という行為は、欠かすことのできないものです。短い睡眠時間であると、寝不足から、日中に眠気が襲ってきて、我慢の限界を超えてしまい、勉強や仕事に大きな影響を及ぼします。かたや、長い睡眠時間であると、体の疲れは取れるかもしれない一方で、起床後も頭の中...

睡眠時間を十分にとっていても日中に眠いという感覚を覚える、眠ったという実感を得られない、というふうに感じている方が多いと最近よく聞かれます。その理由は、一応身体的には眠りについてはいるけれども、きちんと深くは眠れていないからです。深く、というのは身体的ではなく、脳まで眠る、という状態のことをいいます。この眠りのことを、「ノンレム睡眠」といいます。脳もきちんと休むことによって、本当の意味での休息が取...

睡眠は食事や運動とともに健康には欠かすことのできない要素の一つです。睡眠時間が足りていないと免疫力の低下や頭痛日中にばんやりしてしまうなど生活にさまざまな弊害を生じることがあります。そこで知っておきたいのが最適な睡眠時間についてです。健康になるための場所といえば代表的なのが病院ですが、今回は病院の就寝時間を参考に一般的に良いとされている睡眠時間ついて探ってみたいと思います。入院したことがある方は分...

睡眠時間については、人の平均時間を集めることはできますが、平均時間に合わせたからそれがもっとも推奨されるものというわけではありません。人間には4時間から6時間以内の短時間睡眠で十分なタイプと、6時間から8時間が適切なタイプ、さらに9時間以上寝ないと体が休まらないタイプの3つが存在するといわれています。そのどれに自分が当てはまるのかをまず確認することが、必要で、その中で自分にあった時間を選択すること...

夜型と睡眠時間の関係のお話ですが、大抵夜型の方は昼型の方に比べて睡眠時間は少ない傾向にあります。これは夜型の方はどうしても遅く寝るので睡眠時間が削られてしまいますし、また熟睡感があまりなかったりする為に、どうしても慢性的な睡眠不足に陥ってしまいます。しかしながら特に生活に支障がない場合には、特に改まって夜型を昼型に変えて行く必要はないでしょう。長年培ってきたライフスタイルですしご自分に合った方法な...

徹夜をすると当然次の日は日中相当な疲労感、眠気を感じます。若いうちは体力があり回復力も高いので、その日も夜はいつも寝る時間まで起きていていつも通りの睡眠時間でその次の日から普段の生活に戻ることができます。しかし、年齢を重ねるにつれて体力、回復力も低下し、若いころのようにはいかなくなっていきます。1日徹夜をすると、もとのような体調に戻るのに2〜3日、あるいはそれ以上を要するようになっていきます。それ...

人の体にとって最も理想的な睡眠時間は7時間から8時間です。しかし、平日に忙しかったり、なかなか寝付けなかったりして、十分な睡眠時間を確保することができない場合もあります。一般的には、平日に不足している睡眠を休日に補おうとして、朝遅くまで寝ている人も多いのですが、毎日同じような時間に就寝および起床することが生活リズムを整えるコツですので、あまり大幅にずらすことは避けた方が無難です。ただし、休みの日に...