適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

赤ちゃんや子供の睡眠時間記事一覧

小学生から高校生の子供の睡眠時間に対してのデータを調べたところ、『朝、起きる時間』が7時頃と皆同じくらいに対して『夜、寝る時間』にはばらつきが出ました。小学生は10時頃、中学生が11時頃、高校生が12時頃と、だんだん遅くなる傾向にあるようです。では、この睡眠時間で足りているのか調べたところ、小学生には10時間から11時間の睡眠時間が必要であるということがわかりました。と、なると1時間から2時間の睡...

みなさんは、睡眠時間の長い子供ほど天才になる傾向が高いことをご存知ですか。なぜなら、寝るほどに、記憶や感情に関わる脳の部位「海馬」の体積が大きいことが分かったからです。ある研究チームが2008年からの4年間で、健康な5歳から18歳の290人の平日の睡眠時間と、海馬の体積を調べました。それによると、睡眠が10時間以上の子どもは6時間の子どもより、海馬の体積が1割程度大きいことが判明したのです。そもそ...

睡眠は人間にとってとても重要なものです。生きていく上でなくてはならないものです。では昼寝はどうでしょうか。昼食後にふいに睡魔がやってくる経験はみなさん一度はあるはずです。大人たちは仕事のために眠気を振り払っても体調に大きな支障はありませんが、子供にとっては昼寝はとても大切なのです。成長と共に昼寝の必要性は減ってきます。もちろん大人でも昼寝が可能であれば、疲労回復や意欲の向上へと繋がりますので5〜1...

昔の子供と比べて、最近の子供は夜に眠らないといわれるようになりました。ひとつには、娯楽が普及してテレビを見たりゲームをしたり、遊ぶことをやめられなくていつまでも起きているので、ゆっくりと眠ることがないのです。もうひとつには学習塾や習い事などをしていると、学校の宿題だけではなく塾の宿題に負われたり、睡眠時間を削ってしまうことになるのです。どちらも日本人特有の競争社会の弊害と言えますが、家で睡眠せずに...

子供にどのぐらいの睡眠時間が理想的なのか、年齢が上がるごとに最適な睡眠時間は変ってくるのか、それは多くの保護者が疑問に思っている事柄です。今回は年代別に最適とされる子供の睡眠時間についてご紹介します。まずは幼稚園や保育園に通っている幼児期の子供についてですが、このころは日中十分にお友達と遊んだり学んだりしていれば自然と10時間程以上の睡眠を欲する年代であり、不必要な昼寝は行わず夜は子供が自然と眠た...

生まれたばかりの赤ちゃんは、一日のほとんどを寝て過ごします。しかし、数カ月経つと段々とリズムができてきて、起きている時が長くなります。乳児期で最も大事なのは、生活のリズム作りです。毎日同じようなリズムで生活することによって、徐々に体内時計の働きを育てることができます。体内時計の働きは非常に重要であり、上手くいかないと日中に眠くなったり逆に夜間に目が冴えてしまったりします。体内時計の働きを育てるには...

赤ちゃんが産まれると、一日中つきっきりでのお世話が必要となります。特に産まれてから生後3ヶ月頃までは、赤ちゃんの生活のリズムはまだよく整っていません。成長するに従って徐々にリズムは整いますが、それまでは赤ちゃんのリズムに合わせてお世話をする必要があるのです。特に新生児のうちは睡眠時間が細切れで、2、3時間ほどで起きてしまうこともよくあります。また母乳育児の場合、ミルクよりもおなかが空きやすいためこ...

初めて子どもが生まれて子育てをすると、色々と戸惑うことばかりです。中でも、多くの親御さんが悩むのが、赤ちゃんにとって適切な睡眠時間がわからないということではないでしょうか。うちの子は寝すぎではないのか、逆に眠らなさすぎではないのか、色々悩んでしまいます。もちろん、赤ちゃんや生活環境によって個人差はありますが、一般的に0歳児は寝たり起きたりを繰り返し、一日の大半を睡眠に費やしています。新生児は16時...

3歳児・4歳児・5歳児というと、幼稚園に通う頃のお子さんです。この頃のお子さんには、1日11〜13時間の睡眠時間が必要です。幼稚園に通いだすと朝起きる時間も早くなりますので、夜8時ごろには布団に入っているのが理想です。遊びも大分活発になり、外へ出て元気に走り回る子も少なくありません。日中たっぷりと体を動かすと交感神経の働きが良くなりますので、夜間リラックスした状態を作りやすくなります。そのため、寝...

6歳児や7歳児というと、丁度小学校に入る位の頃です。幼稚園までは毎日お昼寝をしていた子も、小学校に入学すると昼寝の時間が取れなくなります。そのため、多くの場合は入学前に昼寝をせずに過ごすことで、小学校生活の準備を始めます。この頃の子供にはまだ11時間から12時間の睡眠時間が必要であり、新たな環境に馴染みながら生活リズムを整えるのは非常に大変です。小学校に入ると学校生活になじませなくてはと、急に生活...

8歳児や9歳児には、大人よりもはるかに長い睡眠時間が必要です。寝る子は育つと言いますが、必要睡眠時間を確保することによって成長を促すことができます。この頃の子供には発達の差によって必要な睡眠時間にも個人差があります。例えば、体力的な面から小学校生活に上手く馴染むことができない場合は、より多くの睡眠が必要です。3年生位になると学校にも慣れて生活にリズムがでてきます。そのため、多少の夜更かしをしても影...