適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

職業と睡眠時間記事一覧

テレビなどでプロスポーツ選手が、派手に活躍している姿をよく見かけますが、普段自宅などでどのような生活をしているかについては、あまりよくわからないのが実際であります。当然プロスポーツ選手も、普通の一般人と同じように人間ですので、夜になると毎日ベッドなどで睡眠を取りますが、ひょっとしたら活動的なだけに、ほとんど睡眠時間を確保していないとイメージしている人もいるかもしれません。もちろん、プロスポーツ選手...

今回は、プログラマの睡眠時間についてご紹介します。現代において、あらゆる分野、業界においてIT技術の恩恵を受けていない場所はありません。病院は電子カルテというネットワークで管理されていますし、駅の改札は電子マネーでくぐれます。銀行もネット間で取引が完結できます。このように医療業界、出版業界、音楽業界、ゲーム業界、IT業界、アパレル業界、その他全ての業界にIT技術が活かされており、その数だけ「プログ...

一見すると削っても特に問題ないように感じられる睡眠時間ですが、実は眠ることは人の健康に大きな影響を与えますので、忙しいビジネスマン(ビジネスパーソン)ほど睡眠時間に気をつかい、毎晩適度に眠ることをオススメします。ビジネスマンが毎日適度な睡眠をとるようになりますと、どれほど仕事で忙しくしていても次の朝には万全な体調で目覚めることができるようになりますので、出社と同時に意欲的に目の前の作業に取り組める...

残業が増えてくると、どうしても睡眠時間が短くなりがちです。理想としては一日に7時間から8時間の睡眠時間が必要だと言われていますが、これには個人差がありますので過度に気にする必要はありません。もし、睡眠不足が体調面に変化を及ぼしていると感じるなら、昼休みに少しだけ昼寝をしたり、寝られる時にたっぷりと寝たりするだけで十分です。何も問題はないのに、睡眠時間を確保できないことがストレスになる人もいます。し...

看護師や介護士のような仕事では、夜勤があるところも多いです。夜勤前に寝だめをする人も多いようですが、夜意外眠れないという人もいるでしょう。そうなると夜勤明けにねることになりますが、本格的に睡眠を取れる人もいれば、そうでない人もいます。そうなると日中眠れない人は、夜勤明けの夜に、まとまった睡眠時間を確保することになります。それでも体の疲れは中途半端なものではなく、通常の日のように、はつらつと動くこと...

みなさんは、普段どのくらいの睡眠をとっていますか。実は、睡眠時間の長さで、人間の性格や仕事の適性まで分かるのです。なぜなら、睡眠の長さを決めるのは、精神的なストレスによる脳の疲労度であるからです。ですから、ストレスを感じやすい人は、脳が疲労を回復するのに時間がかかってしまうため、長時間の睡眠をとる傾向にあります。一方、ストレスに強い人は、脳が疲労回復にそれほど時間がかからないので、短時間の睡眠でも...