適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間の確保。昼寝を20分以上45分以内する。

スポンサーリンク

睡眠時間は人間にとってなくてはならないものです。
人間は睡眠することによって起きている間にうけた刺激を整理します。
そのため記憶の定着が起こるのも寝ている間なのです。
睡眠をとらないと幻覚や幻聴が聞こえたり、現実世界との境界が曖昧になることすらあります。
それは起きている間中の記憶を整理しきれていないため、自分の身に起きたことを蓄積していけないからです。
そのため睡眠は大変重要です。
しかし、この忙しい現代で充分な睡眠時間をとれないという場合は往々にしてあります。
そんな時に有効なのが昼寝をすることです。
昼寝は夜の寝つきにかかわるため、よくないと思われがちですがそうではありません。
14時前の昼寝であれば夜寝に影響はありません。

スポンサーリンク

また昼寝は20分以上45分以内にとどめるのが理想的です。
45分以上してしまうと起きるのがつらくなってしまうためです。
日本企業では取り入れられている箇所はかなり少ないですが、外国では当たり前のように昼寝を義務付けている会社が多くあります。
その方が業務効率が上がると考えられているからです。
時間も各自が眠くなったタイミングで一定時間とり、一時脳を休ませることが出来るのです。
またヨーロッパではシエスタとよばれる昼寝の時間が習慣化しています。
もし長時間の睡眠をとったとしても眠気のある状態になることがあります。
それでは仕事の質が落ちてしまいます。
眠気を感じた時に眠り、質のいい睡眠とるということがベストであると科学的にも証明されています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠時間の確保。昼寝を20分以上45分以内する。関連ページ

睡眠時間が足りない場合はお昼寝の訓練をしよう