適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

学習効率を上げるには、睡眠時間よりも睡眠の質が大切です

スポンサーリンク

テストの直前になると、誰でも徹夜で勉強したくなります。
特に計画的に勉強していない場合は、一夜漬けでテストを乗り越えようとします。
また大学受験の時なども、学習時間を増やすために睡眠時間を削ることがあります。
果たして学習効率を高めるためには睡眠時間を増やした方がいいのでしょうか、それとも減らした方がいいのでしょうか。
それは個々人の体質があるので何とも言えません。
しかしはっきり断言できるのは、重要なのは睡眠時間ではなく睡眠の質だということです。
学習の効率を上げるためには、快適な睡眠と疲労を軽減できているか、という二つの点が鍵となります。
なぜ人間は睡眠を取るのかということを考えれば、この二つの重要性がハッキリします。

スポンサーリンク

人間が睡眠を取るのは休むためです。
睡眠の役割には4つの休みがあります。
脳を休める、肉体を休める、内臓を休める、精神を休める、の4つです。
脳は何も考えていなくても1日の間に無意識で24000回以上も思考し、バナナ2本分の栄養を必要とするほどエネルギーを使っているのです。
そのため睡眠で脳を休ませることは非常に重要なのです。
肉体が疲れていると思考力や集中力が低下します。
また寝ている間にも胃や腸は食べ物を消化します。
消化させることで内臓は休むことができるのです。
精神的に疲れているとベッドから出たくなくなります。
これは寝ることによって精神が落ち着くからです。
これら4つの役割が睡眠の質を高めたり、質を落としたりするのです。
このような中でやるべきことは、睡眠時には脳を休めること以外のことは、すべて就寝前に終わらせておくということです。
そうすれば質の高い睡眠時間が取れ、学習効率も上がります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加