適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間は慣れると短い時間で足りるようになる

スポンサーリンク

睡眠時間は長ければ長いほど良いと思っている人がいるらしいですが、実はそれも良くないそうです。
運動をして少し疲れた状態で眠りに付く人と、全く動かずに眠りに付く人は起きたときの疲れの取れ方が違うという実験結果があります。
運動をして眠った人のほうが、動かずに眠った人よりも疲労回復が良くできたそうです。
しかも運動した人は短い時間の睡眠で、いつもより長く眠ったのと同じような効果があることが解かっています。
ただ睡眠時間を長くすることが、身体に良いというわけではないことが分かると思います。
そして、人の身体は何事も慣れる事ができるという、素晴らしい機能を兼ね備えています。
実際には非常に短い時間で何時間もの睡眠をとったのと同じ効果がある、という話もあります。

スポンサーリンク

気持ちの問題といえばそうなのかもしれませんが、多くの方がその体験をしています。
自己暗示の一種のようなもので、眠る前に自分に言い聞かせます。
「1時間の睡眠で5時間の睡眠と同じ効果がある」と思い込みながら眠ることで、非常に効果があることが分かります。
忙しくて眠る時間がないという人は、どうしようもなく眠くなったとき目覚ましを15分だけかけて集中して眠ることをお奨めします。
目が覚めるとき頭にかかったモヤモヤが、すっきりと無くなっていることに気付くと思います。
このように睡眠時間は短くても慣れることができます。
実践すればするほど自分の身体が慣れてきて、いつでもどんな場所でも休むことが出来るようになりますので是非お奨めです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加