適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間の長さが基礎体温に関係します

スポンサーリンク

自分の体調管理のために病院から基礎体温を付けてみることを勧められる女性は多いです。
基礎体温を付けると自分の体調の変化がよくわかり、生理が始まるタイミングも基礎体温を見るだけで素人でもすぐにわかります。
また、妊娠・出産を望む人には妊娠しやすいタイミングがわかりやすいので基礎体温を付けることを病院からもすすめれれます。
毎日起床してすぐにだいたい同じ時間にはからないといけないのでちょっと大変ではありますが、慣れてくると楽です。
でもこの基礎体温も睡眠時間の長さによって変化がありますので、正確に記録をするのならば毎日しっかりと同じ長さの睡眠時間を取るように規則正しい生活を送らなければならないと言われています。

スポンサーリンク

 人間は眠りにつくときに体温が少し下がります。
そして寝ている間はそのまま体温が少しずつですが下がっていき、日常と比べて少し低い体温のままで過ごします。
日ごろに比べて睡眠時間が短かった場合、体温がほんの少しですがいつもよりも下がらないので若干高い体温になります。
睡眠時間は基礎体温とは大変深い関係があります。
ほんの少しの差で正確な情報を得られないので、特に妊娠・出産を希望する人は気になります。
また前日に飲んだお酒の影響もでると言われていますし、ストレスなどでも体温に影響があるとも言われています。
正確なデータが必要ならば大変ではありますが規則正しい生活を送ることが大事です。
基礎代謝以外の影響を受けない基本の体温をしっかり計り、健康でいることが良いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠時間の長さが基礎体温に関係します関連ページ

基礎体温の測り方と睡眠時間の関係