適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

奇数と偶数で考える睡眠時間

スポンサーリンク

私たち人間にはそれぞれに最適な睡眠時間というものが存在しており、各個人でかなり異なっています。
こうした特徴はそれぞれに把握していくしかないですが、どうしても気になる時には人間にとってちょうど良い睡眠時間を計算してみると良いでしょう。
基本的に人間がすっきりと起きられるようにする時には90分を一つの単位として考えて、その倍数で睡眠の時間を決めたり、目覚まし時計の時間をセットすると良いでしょう。
特に90分(一時間半)・180分(三時間)・270分(四時間半)・360分(六時間)の中から自分に最も合っていると思う時間数を選んでおくと寒い冬でもしっかりと朝早くであっても確実に起きることができるでしょう。

スポンサーリンク

 基本的に人間の体は手や足もそうですが偶数でペアになっている事が多いので倍数も2の倍数で考えた方が良い場合があります。
そのため、理想の睡眠時間はその日の体調なども考慮して6時間が最も最適です。
忙しい時などは先に述べた90分の奇数倍でも良いのでしっかりと睡眠の軸を考えながら起きるまでの時間を考えるようにすると良いものです。
このサイクルはレム睡眠とノンレム睡眠のサイクルでより気持ちよく起きるための目安です。
これが誰にでも共通にあてはまるわけではないので、できる限り自分自身に合った時間というものを見つけておく事も重要です。
寝るタイミングや場所などもとても重要で、可能な限り毎回同じ場所で落ち着いて眠れるようにした方が良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加