適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

平日よりも休日の方が長い睡眠時間

スポンサーリンク

人の体にとって最も理想的な睡眠時間は7時間から8時間です。
しかし、平日に忙しかったり、なかなか寝付けなかったりして、十分な睡眠時間を確保することができない場合もあります。
一般的には、平日に不足している睡眠を休日に補おうとして、朝遅くまで寝ている人も多いのですが、毎日同じような時間に就寝および起床することが生活リズムを整えるコツですので、あまり大幅にずらすことは避けた方が無難です。
ただし、休みの日に多少長い睡眠時間を取ることは、体を休めリフレッシュすることにつながりますし、精神的にもリラックスすることができます。
睡眠時間を気にするあまり、休日まで時間に追われた生活を送るよりも、臨機応変に対処することが大切です。

スポンサーリンク

休日に少し寝過ぎてしまったと感じる日は、いつもより多めに運動を行って、たっぷりと日光浴をしておくことが重要です。
体内時計の調節は朝日を浴びることで行えます。
日の光に当たらない生活を送っていると、体内時計はどんどんずれて、起床することが大変になります。
また、運動をすれば交感神経が刺激されますので、夜間活動が穏やかになる時間に自然と副交感神経の働きが活発化して眠くなります。
休みの日は、平日にたまったストレスを発散するための時間を多く確保することができます。
ストレスは快適な眠りを妨げて中途覚醒にもつながりますので、ためこまずに上手に発散する方法を見つけることが大切です。
運動で発散すれば健康増進にもつながって一石二鳥です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加