適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

筋肉量と睡眠時間の関係

スポンサーリンク

睡眠は毎晩ただ眠るだけではなく、成長ホルモンを分泌させる事で、疲労を回復させたり、新陳代謝を高めています。
動物の場合には、基礎代謝が高い程睡眠時間が長いと言う傾向にあります。
基礎代謝とは、横になって何もしなくても消費をするカロリーの事を言います。
基礎代謝は、一日に摂取するカロリーのうち約70パーセントを占めており、そのうち筋肉が消費するカロリーは40パーセントです。
その為、基礎代謝の量は筋肉量に比例します。
筋肉は体を動かす為には欠かす事の出来ないものです。
その為、昼間にエネルギーを消費するので、睡眠が必要になります。
また、運動をして体の筋肉量を増やす為には、毎日の睡眠時間が大切な役割を果たしています。

スポンサーリンク

眠りについて直ぐの深い眠りの時に、成長ホルモンが一番多く分泌されます。
この成長ホルモンは、昼間摂取したタンパク質から筋肉を作るサポートをします。
その為、筋肉を増やす為には良質の睡眠が必要となります。
成長ホルモンが一番分泌される時間帯は、午後10時から午前2時と言われています。
その時間に合わせて眠る事で、効率良く成長ホルモンが分泌されます。
仕事が終わった後でジムでトレーニングをしたり、帰宅後にジョギングをする場合がありますが、夜は体が睡眠に向かっている状態なので余り激しいトレーニングをすると体が興奮してしまって寝つきが悪くなってしまう事があります。
トレーニングを始めてから眠りが浅くなったと言う人は、夜は早めに寝て朝にトレーニングをするように変えると良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加