適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

区切りのよい睡眠時間をとることが重要です

スポンサーリンク

睡眠はだらだらと長い時間をとれば良いというわけではありません。
もちろん、人それぞれに個人差があり、一概に何時間寝れば良いということではありません。
しかしながら、人がとるべき睡眠時間というものは区切りの良いの時間をとらなくてはならないのです。
今回は、その区切りの良い睡眠についてご紹介します。
まず、睡眠の区切りについてですが、一時間半を目安にしてください。
この一時間半をひとつのセットとして考えるのです。
たとえば、三時間であれば二セットになり、四時間半であれば三セットとなります。
一時間半をひとつの区切りとして考えることで良質な睡眠は可能となります。
では、なぜ一時間半をひとつのセットと考えるのでしょうか。

スポンサーリンク

それは、睡眠時間のリズムと関係があります。
人が睡眠状態に入ると、一時間半ごとに眠りが浅くなったり、深くなったりします。
このリズムが一時間半ごごとに訪れるので、一時間半をひとつのセットとして考えるのが良いのです。
たとえば、二時間で睡眠を終えてしまったとします。
そうすると、ひとつのセットがまだ終わっていない中途半端な状態になってしまいます。
この状態で目が覚めてしまうとなんだかすっきりとしないような眠い状態になることが多くなってしまうのです。
ですから、ちょうど一時間半の倍数になるような睡眠時間を設定することがおすすめです。
個人差はありますがだいたい六時間の睡眠を目安にすると、すっきりと目覚めることができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加