適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間と空腹の関係について

スポンサーリンク

睡眠時間と空腹の関係についてご紹介します。
はじめに睡眠時間についてですが、それが長い方はロングスリーパーと言われ、時間が短い方はショートスリーパーと言われています。
そして、睡眠時間中はレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しているというのはよく知られています。
さて、そのような睡眠時間なのですが、それは空腹と関係があります。
例えば、お昼時に食べ物を食べたあとは非常に眠くなる場合がありますが、なぜ眠くなるかというと、食べたことによって血糖値が上昇することによります。
血糖値が上昇するとペプチドホルモンのインスリンが膵臓にあるβ細胞から分泌されて、その血糖値を下げようとします。
そして、それが分泌されると眠気が起きるという訳です。

スポンサーリンク

その為、空腹の状態ですとそのような急激な眠気がやってこないという事もあります。
ついつい日中にお昼寝をしてしまうという方は、食事量を少し減らしたりあまり食べないようにすると、眠気を軽減させることが出来ます。
また、お腹に食べ物を入れてしまうと、胃が活発に働きます。
特に寝る前に食べ物をたくさん食べてしまうと、睡眠中に胃がその食べ物を分解するのに一生懸命になって、脳や体を休めることができなくなります。
ですので、短い時間で質の高い睡眠を取りたいという方は、寝る前は出来るだけお腹を空腹にしておくと良いでしょう。
仕事の疲れを取りたいが、睡眠時間を確保出来なくて困っているという方は、眠る前にお腹を空腹にするだけで短時間睡眠でも熟睡できる場合がありますので一度試してみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加