適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間が毎日5時間はよいのか

スポンサーリンク

日本人の睡眠時間は、世界的にみても非常に短いと言われております。
毎日の睡眠時間が毎日5時間程度だという方は短めかもしれません。
ただし睡眠時間は長ければよいと言う訳でもないのです。
休み日などに寝だめをしようと、10時間以上寝てしまった時などに、疲れを感じたり頭がすっきりしない、少し頭痛がするなどと感じたことはないでしょうか。
これは眠っている間は、身体を動かさないので血の巡りが悪くなっているので、目覚めた時に身体が血行をよくしようと血管を拡張することに原因があります。
血管が拡張すると、感覚神経を刺激してしまうことによるものです。
朝目覚めると、背伸びをしたりストレッチなどをして血行の悪くなった身体を動かしましょう。

スポンサーリンク

睡眠には脳を休めるノンレム睡眠と、身体を休めるレム睡眠とがあり、これらは3時間おきに繰り返されると言われております。
眠りに入ってからの最初の3時間は、深い眠りにはいるノンレム睡眠の時間帯なので大切だと言われており、この時間帯に起こされると睡眠を妨害された感じがしてすっきり目覚められない可能性があります。
もしも質のよい睡眠をとりたいのであれば、この睡眠のサイクルを利用して、90の倍数でとってみると効果があるかもしれません。
6時間や9時間に寝付くまでの時間をプラスして考えてみるとよいでしょう。
また寝付きをよくするためには、睡眠を抑制してしまう様なカフェインやアルコール分などを摂取しない方がよいです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加