適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間が足りない場合はお昼寝の訓練をしよう

スポンサーリンク

皆さんの中で、忙しすぎてきちんと睡眠時間をとれていない人はいますか。
そういう方におすすめなのが、昼間にちょっと寝ることです。
昼間に15分くらいの睡眠をとることで、3時間から4時間寝たのと同じ効果があるのです。
しかし、なかなか昼間に寝れないという人もいるものです。
しかし、少し訓練さえすれば、すぐにできるようになります。
ここでは、昼間に寝るときの注意点とポイントをお教えします。
まず、昼寝に効果的な時間帯は、生体リズムによっていちばん眠気に支配される12から15時がおすすめです。
質的には夜の睡眠に劣るものの、一時的に睡眠不足を解消できます。
昼寝をするときのコツは、座ったまま寝ることです。
座ったままでは、  スポンサーリンク

きちんと寝れないという人もいるでしょう。
しかし、実は横になって眠るのと、脳のリフレッシュ効果に差はほとんどありません。
タオルなどを用いて、顔に昼寝の跡が残らないように工夫しましょう。
そして注意ポイントは、15分以上寝てはいけません。
それ以上眠ってしまうと、脳の爆睡の状態に入るので、起きてから脳が機能するまでに30分かかることになります。
眠りすぎないためには、眠りに入る前に一杯のコーヒーを飲むといいです。

コーヒーのカフェインは、30分後から効果があると言われています。
そのため15分睡眠を取る前に、コーヒーを摂取しておくといいでしょう。
上記のことを参考にして、睡眠不足が足りない方は、上手に睡眠不足を解消しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠時間が足りない場合はお昼寝の訓練をしよう関連ページ

睡眠時間の確保。昼寝を20分以上45分以内する。