適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間のコントロールの限界-快適に目覚める人の数を増やすには-

スポンサーリンク

睡眠時間をコントロールすることができれば、どれほど有意義に時間を使えるだろう-誰しもが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。
人間が生きていく上で、睡眠という行為は、欠かすことのできないものです。
短い睡眠時間であると、寝不足から、日中に眠気が襲ってきて、我慢の限界を超えてしまい、勉強や仕事に大きな影響を及ぼします。
かたや、長い睡眠時間であると、体の疲れは取れるかもしれない一方で、起床後も頭の中がぼやけて、うまく起動しない感覚を味わうこともしばしばです。
快適に目覚め、かつ、眠気が襲ってこずに一日を有意義に過ごすには一体どうすればよいのでしょうか。
そのためには、人間の眠りを司っている2つの睡眠の波について知っておくことが必要です。

スポンサーリンク

ご存知の通り、人間の睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠という二種類の異なる性質の睡眠の波によって成り立っています。
レム睡眠は浅い睡眠であり、この睡眠のあいだは、体は眠っているものの、脳は休まることがなく起動しています。
記憶の処理などを行っているため、我々は夢をみるのです。
一方、ノンレム睡眠は深い睡眠です。
これらの睡眠の波は、約1時間半の周期で入れ替わりながら、一定の時間続きます。
この2つの睡眠の切り替わりの時に目覚めると、眠気を引きずることなく、快適に目覚めることができるのです。
より快適に目覚める人数を増やすためには、この1時間半の切り替わりルールを把握して、起きる予定時間から逆算して、眠る時間を設定することが寛容です。
この作業により、睡眠時間のコントロールはある程度、行うことができそうです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加