適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

効率のいい睡眠時間を見つけて学習や仕事に役立てましょう

スポンサーリンク

私たち生物にとって、なくてはならないのが睡眠時間です。
効率のいい学習や仕事をしたいけど、睡眠時間との兼ね合いが上手くいかずに悩んでいる人も多いと思いますが、そんな人の為に効率よく睡眠を取り、仕事や学習能力を大幅にあげるコツがあります。
個人差はありますが、だいたい90〜120分の睡眠サイクルを1セットとして、自分の睡眠のスタイルを作り上げていくことが基本です。
この前に眠る為の準備をする時間として30分追加することで、よりよく作業効率があがることとなります。
実はこうして計算をしていくと、そんなに多くの睡眠時間が効率の良い仕事をもたらすわけではないこともわかってきます。
次から、睡眠の理想的なパターンの一例をあげていきましょう。

スポンサーリンク

普段の生活には1サイクル90分として5セット。
睡眠時間を7時間30分とします。
これに入眠動作として30分プラスして8時間という計算になります。
これより少なくてもいい場合は90分を4セット。
6時間の睡眠時間に入眠動作を30分で6時間30分。
これが日頃の理想的な睡眠の長さです。
仕事が忙しかったり、テスト勉強などで夜起きていたい場合にも、この1サイクル90分で計算することで効率のいい睡眠が得られるようになります。
90分を2セットで3時間。
入眠の為にプラス30分。
たった3時間半でも、スッキリと眠ることで勉強や仕事がはかどるのです。
どうしても眠い時には無理に起き続けることも禁物です。
15分の仮眠をとるだけでも体調が回復しますので、根の詰め過ぎには気をつけましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加