適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

合計の睡眠時間を増やして快適な生活を送りましょう

スポンサーリンク

睡眠とは、身体の動きが止まり外的刺激に対して反応が低下し、意識も失われていますが、簡単に目が覚める状態のことをいいます。
睡眠は、心身の休息のほか記憶の再構成など高次脳機能にも深く関わっており、睡眠中には下垂体前葉から分泌される成長ホルモンの分泌量が多くなります。
したがって、睡眠中には特に子供の成長や創傷の治癒、肌の新陳代謝などが促進されます。
そのほか、睡眠によって免疫力の向上やストレスの除去などの効果もあるとされています。
人間が必要とする睡眠時間には、生活している環境や年齢などの条件により個人差がありますが、各種調査によると日本人の平均睡眠時間の合計は7時間から8時間がもっとも多く、また、この時間帯での睡眠が快適な目覚めの結果が得られています。

スポンサーリンク

睡眠時間が不足した場合には精神活動に影響し、気分、記憶力、集中力に支障が生じます。
そのため、睡眠時間が不足した場合には日中に仮眠などを取るなどして不足時間を補う必要も生じます。
通勤・通学の電車やバスの中で眠る人が多く見かけますが、不足している時間を補うためには良い方法です。
ただし、業務中や運転中、授業中などで座ったまま眠る行為は居眠りと呼ばれ問題となるので注意が必要です。
特に無意識のうちに眠り込むような場合、健康面の問題も考えられるので注意が必要です。
夜間に快適な睡眠時間を確保できない場合、最近では不足時間を補うために昼寝を推奨する傾向にあります。
研究によると、昼寝により睡眠時間の合計を増やした結果、事故の予防や仕事の効率アップに繋がるるほか、脳の活性化により独創的なアイデアが浮かびやすいという効用も認められています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加