適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

【体験談】受験生の睡眠時間が5時間が良い理由について

スポンサーリンク

受験生になると、多くの人が寝る間を惜しんで勉強をします。
その結果、睡眠時間が3時間程度になってしまう場合があります。
なぜなら、次の日も学校があるため、午前3時まで勉強をして、6時に起きて学校に行くためです。
そのような生活をしていると、いつか体を壊してしまいます。
また、寝るということは、記憶を定着させやすいので必ずとる必要があるのです。
そこで、私がおすすめしているのは「5時間睡眠」です。
なぜ5時間なのかというと、記憶が定着しやすく疲れが取れる時間だからです。
そのため、私は5時間睡眠というのをおすすめしています。
人の睡眠は、ノンレム睡眠とレム睡眠の2種類によって、行われています。
これらが切り替わるのは約90分だといわれています。

スポンサーリンク

ちなみに、ノンレム睡眠とレム睡眠の違いというのは、ノンレム睡眠が「深い眠り」でレム睡眠が「浅い眠り」です。
そして、それらが交代する周期が約90分なのです。
5時間というのは、分単位に直すと300分です。
まずはじめに寝始めるとレム睡眠から始まります。
そして最終的には、ちょうどレム睡眠のときに目覚めるのです。
なので、体にも優しい起き方をすることができるということです。
なので、受験生の人には、必ず5時間の睡眠時間を取ってほしいのです。
また、勉強というのは寝ると記憶が定着しますが、夜にやると頭がぼーっとしてしまいますので、朝起きてやったほうが、頭の中がすっきりしているので、はかどります。
なので、しっかりと寝て朝早く起きて勉強したほうが良いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加