適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

勉強のために効果的に睡眠時間を削る方法

スポンサーリンク

皆さんの中で、高校受験や大学受験のために一生懸命頑張っている人はいますか。
そういう方は、夜寝る時間を削ってまで勉強している人は多いものです。
しかし、睡眠時間を短くしてしまうと、昼間の授業の時間に集中できないといった弊害が生じてしまいます。
そのような弊害を避けるには、その分、睡眠の質を高める必要があります。
ここでは、受験生のために、睡眠の質を高めながら睡眠時間を削る方法をお教えします。
一番のおすすめは、寝る前のツボ押しです。
睡眠作用のあるツボを刺激することで、深い眠りにつくことができます。
睡眠不足のときは、血流が滞ることでツボが硬くなっていることがあります。
その硬くなっている部分をほぐしてあげる事で、血行を促進し、健康的な睡眠をサポートするのです。
 スポンサーリンク

そのツボとは、百会という名称です。
これは、左右の耳を結ぶ線と顔の中心線が交わる頭頂部のほぼ中央にあります。
頭の頂上で、指で押すとブヨブヨしてへこむところを探してください。
そこに左右の中指を重ねるように当て、中指に圧力を加えていきます。
1分間ほど押し続けてください。
注意点としては、痛いほど押すと逆効果なので、気持ちいいと感じる程度で押しましょう。

また、過度に長時間刺激し続けるのも、かえって体を疲弊させる原因となります。
よって、短時間でも良いので毎日続けることが肝心です。
それと、指の角度にも気をつけましょう。
皮膚表面に対して斜めに押すと、力が分散されます。
ですから、皮膚に対して垂直に押すようにしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加