適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

残業が多い時の睡眠時間の確保

スポンサーリンク

残業が増えてくると、どうしても睡眠時間が短くなりがちです。
理想としては一日に7時間から8時間の睡眠時間が必要だと言われていますが、これには個人差がありますので過度に気にする必要はありません。
もし、睡眠不足が体調面に変化を及ぼしていると感じるなら、昼休みに少しだけ昼寝をしたり、寝られる時にたっぷりと寝たりするだけで十分です。
何も問題はないのに、睡眠時間を確保できないことがストレスになる人もいます。
しかし、短い時間であっても良い睡眠が取れていれば健康面には影響がありませんので、ストレスをためないようにすることの方が重要です。
ストレスをためすぎると、睡眠の質を低下させる可能性もありますので気にし過ぎないことが大切です。

スポンサーリンク

理想的な睡眠時間を確保することができない場合は、時間のやりくりを考えるよりも質を改善した方がはるかに効率的です。
5分や10分早く寝るよりも、その時間内でどれだけ質の良い睡眠を確保できるかが重要になります。
人はリラックスした状態であれば、すんなりと寝入ることができます。
リラックス状態は副交感神経によって作られますので、副交感神経の働きを優位にするような音楽を聴いたり、何もせずゆったりとした気持ちで過ごすことが大切です。
よく、テレビを見ながら寝入ってしまう人がいますが、明るい部屋でテレビの音がある状態では質の良い眠りを確保することができません。
静かな落ち着いた環境でこそ、質の良い睡眠は得られるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加