適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

仕事が忙しい時の睡眠時間の確保

スポンサーリンク

仕事が忙しくて帰宅が遅くなると、どうしても睡眠時間が減ってしまいます。
人によってどれ位寝ればすっきりするのかは違いますが、自分にとって最低限度の時間を確保できないと、日中も頭が冴えなくなって仕事の効率が悪くなります。
そうは言っても、仕事を放って帰ることはできませんので、限られた範囲内の中でどれだけ充実した睡眠を得るかを考えなければなりません。
まず大事なのは、トータル睡眠時間をできるだけ確保することです。
遅くなった次の日はできるだけ早く帰ったり、休み時間を利用して少しだけ昼寝をする等の工夫が必要です。
一日だけ寝不足になっても体調面への影響はほとんどありませんが、慢性的な睡眠不足は避けなければなりません。

スポンサーリンク

寝不足の人にとって、毎日の睡眠の質を向上させることは極めて重要です。
睡眠量を補うには、質の改善しかありません。
同じ時間寝ていても、翌朝すっきりしている時とそうでない時があるのは、熟睡度合いが違うからです。
熟睡していると、多少時間が短くても体調に変化はありません。
質の向上に一役買うのが、様々な快眠グッズです。
枕を丁度良い高さのものに変えたり、リラックス効果のある音楽を聞いたり、温かいミルクを寝る前に飲んだりして、自分なりに寝やすい環境を整えることが大切です。
睡眠は毎日のことですので、ちょっとした工夫で健康への大きな効果が期待できます。
また、ストレスは快眠の妨げになりますので、ストレスを溜めこまないことも大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加