適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

年代別に最適な子供の理想的睡眠時間とは

スポンサーリンク

子供にどのぐらいの睡眠時間が理想的なのか、年齢が上がるごとに最適な睡眠時間は変ってくるのか、それは多くの保護者が疑問に思っている事柄です。
今回は年代別に最適とされる子供の睡眠時間についてご紹介します。
まずは幼稚園や保育園に通っている幼児期の子供についてですが、このころは日中十分にお友達と遊んだり学んだりしていれば自然と10時間程以上の睡眠を欲する年代であり、不必要な昼寝は行わず夜は子供が自然と眠たくなった頃に寝かせてあげるのがいいでしょう。
その代わり朝はできるだけ自分で起床するまでの睡眠が理想的で、時間のリズムがしっかりしてくれば夜8時にねれば概ね朝の6時、7時といった時間に気持ちよく起床できます。

スポンサーリンク

続いて小学校低学年では、9時間以上のたっぷりとした睡眠時間が理想的です。
このころは寝ている間に成長ホルモンが活発に分泌される時期であり、頭も身体も睡眠の間にも成長させてあげなくてはならない時期です。
高学年になっても身長の伸びや体つきの成長を正しく促してあげるためにできれば9時間以上の睡眠が理想的です。
そして中学生では8時間半、高校生になると7から8時間程度の睡眠時間が望ましいとされています。
受験期には睡眠に入る時間を決めて規則正しく生活することが頭の柔軟性や記憶力アップにも効果的で、例えば勉強は何時までと決めて寝るまでの30分程度は読書など好きなことをして脳をリラックスしてから就寝することでより良質な睡眠が期待できますスポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加