適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間が短すぎても長過ぎても死ぬ

スポンサーリンク

よく、睡眠が短いと死ぬことがあると言われています。
しかし実は睡眠時間が長過ぎても死に至る確率が、睡眠時間が短い人よりも高いことが研究で知られるようになってきました。
睡眠時間が長いということは、言い換えると起きていられるような体調ではなく、病気などを患っている場合が多いからです。
また、睡眠時間が短すぎるのも体に負担が大きく、オーバーワークなどが原因での不眠不休が続くと、これもまた死に至ってしまうこととなります。
たかが睡眠と思うかもしれませんが、私たちにとって睡眠はとても大事なもので、多すぎず少なすぎず、程よく眠ることで病気のリスクを回避し、すこやかな暮らしを送れるようになります。
では、ちょうどよい睡眠とはどのようなものなのでしょうか。

スポンサーリンク

睡眠中はレム睡眠とノンレム睡眠というサイクルを繰り返します。
個人差はありますがだいたい90分くらいが目安です。
90分×何回という計算をしていくと、だいたい6時間くらいが眠りも深く、すっきりと起きられる長さとなります。
大切なのは入眠といって、眠りにつく前の行動です。
眠る30分前は刺激の強いゲームやテレビ、インターネットは避けるようにします。
ゆったり入浴したり、マッサージやストレッチなどでリラックスしてから、眠るように心がけます。
眠る環境も大切です。
騒音を避け、季節にあった寝具を選ぶことでよりよい睡眠を手に入れられるようになります。
睡眠は極端に多すぎても少なすぎても、病を引き起こします。
体のサインに敏感になりましょう。
もしどうしても寝付いてしまう場合には受診しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加