適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

時計遺伝子にとって最適な睡眠時間とは

スポンサーリンク

人間にはとても不思議な生態が備わっており、遺伝子の中にはある程度の時間間隔を持つような時計遺伝子といううものがあり睡眠時間に影響するようなものも知られています。
この遺伝子に従って私たち人間はそれぞれ異なった睡眠をもっており、人によってちょうど良い睡眠時間が異なっているのです。
特に最適な睡眠時間は平均的には6時間ですが、これは遺伝子的に言えば90分のサイクルを4回続けた時が360分で約6時間になり、ここで起きることでよりストレスなく起床することができるという時間の目安です。
これは特に若者や受験生が上手に活用すると早起きも辛くなくなる事が多いので早めに自分自身の特徴を知り、実践してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

こういった遺伝子の活躍による時間の調整はとても難しいものですが、ある程度慣れてくれば自然と体が6時間で起きるようになっているので目覚まし時計が無くても朝気持ちよく起きることができる事も多くなっていきます。
まずは自分自身が何時間単位で起床すると気持ちが良いのかを知り、毎日の生活の中でしっかりと調べていくことが大切です。
遺伝子は皆異なっているので、育ちや環境によっても多少の変化はありますが、もちろん8時間寝ないとだめだという人もいます。
睡眠時間に関しては個性が多くあるので自分の身体に合った生活ができるようによく考えておく必要があります。
こうした自己管理はかなり把握するのに時間がかかるので、若いうちから自分と向き合っておきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加