適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間が短かったり、睡眠の質が悪いと美容によくない

スポンサーリンク

最近では、朝すっきりと起きられない女性が増えています。
ある調査で、睡眠についての悩み・不満を聞いたところ、「朝すっきりと起きられない」女性30代以下では4割から5割が悩んでいることが分かったのです。
このように朝すっきり起きられない原因として考えらるのは、睡眠の質が悪いことや、寝付けずに睡眠時間が短いことが考えられます。
睡眠の状態が悪いと、女性にとって体の不調を招くことがあります。
たとえば、生理痛、頭痛、腹痛、肩こり、疲れ、冷え、むくみなどが引き起こされます。
また、イライラ、不安、不眠、物忘れ、乾燥、吹き出物、シミ、シワなどのお肌のトラブルにもなります。
なぜこのような症状が起こるかというと、睡眠 スポンサーリンク

不足が続くことでエストロゲンの分泌が低下するからです。
エストロゲンというのは、女性らしさや、肌のハリ・ツヤの維持など、美容的に重要な役割を担っています。
では、女性が快適な睡眠を得るためにどうすればいいのでしょうか。
一番効果的な方法は、床に入る1、2時間前にぬるめのお風呂にゆっくりつかることです。
こうして、一度体温を上げてから、体温が下がるタイミングで床に入ると眠りにつきやすくなります。
それでも、眠れない時は部屋の温度に気を使ってください。
温度は通常よりも低めに設定して、睡眠に入りやすい環境を整えましょう。
その他にも、朝の小さな楽しみを思い描いて眠ることも安眠に効果的です。
朝食でも、翌日に着る服などのポジティブな想像をして眠りにつきましょう。

すると、心が落ち着き安眠できます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加