適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間が十分でも眠いと思えるのはなぜか

スポンサーリンク

睡眠時間を十分にとっていても日中に眠いという感覚を覚える、眠ったという実感を得られない、というふうに感じている方が多いと最近よく聞かれます。
その理由は、一応身体的には眠りについてはいるけれども、きちんと深くは眠れていないからです。
深く、というのは身体的ではなく、脳まで眠る、という状態のことをいいます。
この眠りのことを、「ノンレム睡眠」といいます。
脳もきちんと休むことによって、本当の意味での休息が取れるのです。
それでは、この脳が眠れていないという現象がどうして起こってしまうのか、という疑問が出てきます。
その理由はいくつかあげられますが、いわゆる現代人が抱えがちなストレスや、陥りがちな生活習慣によるものが大半です。

スポンサーリンク

原因の一因となるストレスは、日中でも心を乱すものです。
ストレスによって病気を患ったり、心が乱れて仕事や人間関係に差し障りを与える場合も出てきてしまいます。
日中でもそのようなものなのですから、当然、睡眠時にも影響してくるのです。
ですので、睡眠をしっかりと本当の意味でとるためには、それらのストレスを和らげる必要があります。
簡単に問題が解決するなら、ストレスを抱えることはないのでしょうが、長期的な視点で解消できるように心がけていくようにすると良いでしょう。
もうひとつの生活習慣については、簡単にいえば規則正しい生活を心がけることが第一になります。
決まった時間に起き、眠り、食事をして入浴するという一連の流れで生活にリズムを持たせるようにすることが方法のひとつとして、有効です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加