適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間は大体6時間か7時間位が最適です

スポンサーリンク

睡眠時間は人によって多少の差がありますが、大体6時間か7時間位が最適です。
睡眠には波があって浅い睡眠と深い睡眠があり90分位でひとつのサイクルになります。
サイクルの区切りの6時間目位に起床をするとスッキリと目覚める事が出来、日中の活動にも良い影響を与えます。
人の身体には多少の余裕、遊びの部分があるので誤差としての1時間で7時間の睡眠でも充分良い効果を上げる事が出来ます。
睡眠の役割はまず、脳を含めた全身の休息になります。
1日の刺激や疲労から回復させるには時間の長短にかかわらず、全身を完全に休ませる睡眠がとても有効な方法になります。
特に脳の疲れは睡眠をとることで確実にとれて回復するので、慢性的な脳の疲労を回復させるにはしっかりとした睡眠をとりましょう。

スポンサーリンク

睡眠時間が大切なのは睡眠による回復の他に、頸や腰など身体を支えている部分を重さから解放してあげる事になるからです。
筋肉や内臓は人体の中でもかなり重さをもっているパーツになりますので、その重さを支えている骨の部分を休ませてあげるのが横になる睡眠なのです。
これはある程度まとまった時間をかけて骨を含めて身体を休ませてあげる方がよいでしょう。
骨や筋肉にかかる負荷や疲労からくる体内の循環の滞りやコリなども睡眠をとっている間に休まって回復する事になります。
まとまった時間をかけて、しっかりと時間をとって身体を休ませてあげれば疲労からくる身体のトラブルを未然に防ぐ事が出来ます。
このように全身の回復と体内のリズムのバランスを考えると、睡眠時間は6時間から7時間位が最適なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加