適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間の少ない人の傾向というのは、このようなタイプです。

スポンサーリンク

人というのは、睡眠時間が少なくていい人と睡眠時間を多く取らないといけない人とに別れるのですが、これはどこからきているのかと言うと、近年、人の睡眠時間に関する研究が、盛んに行われることでわかってきたことから、睡眠の長い人ほどストレスに弱いということなのです。
これはどういうことかと言うと、人の脳といのは睡眠しているときに、その日の疲労回復と記憶の整理を行っているのですが、この疲労回復に時間のかかる人というのがいるのです。
それは、性格に起因するところでもあり、ストレスをためやすいということは疲労が溜まりやすいことになり、そのためにそれを回復する時間がかかることで、睡眠時間が多くいるということになるのです。

スポンサーリンク

このことから、睡眠の少ない人というのは、脳に対して疲労の蓄積が少ないということになり、それはストレスが少ないということで、ストレスを貯めにくい性格ということになり、物事にくよくよしない性格ということになるのです。
このようなタイプというのは、物事を即決できるタイプであるということになり、今でいうところの企業のトップになる人物に多くいるタイプでもあるのです。
昔の伝記で出てくるナポレオンがこのタイプの人で、睡眠がほとんど3時間でも大丈夫のタイプであったという記録が残っているのです。
これと正反対というのは、あのアインシュタインがそうで、ものごとをよく考えておる人物の代表者でもあり、研究者などに多くいるタイプなのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加