適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

質のいい睡眠と睡眠時間があれば食欲もコントロール

スポンサーリンク

睡眠時間と食欲調節ホルモンとの面白い実験結果を聞いたことがあります。
食欲を刺激するグレリンと食欲を抑制するレプチンというホルモンがバランスをとりながらコントロールしています。
睡眠時間が短いとグレリンの血中濃度が高くなりレプチンが低くなるそうです。
十分な睡眠がとれていないと食欲が増え満腹感を感じにくくなるというのです。
また、寝ている時間は成長ホルモンの分泌を行う時間帯でもあります。
そのホルモンは睡眠中には脂肪の分解や皮膚や内蔵の修復、筋肉や骨など細胞の再生などの代謝を行っています。
このホルモン分泌が最も多くなるのは夜11時ごろ寝た場合ともいわれています。
質のいい睡眠とは睡眠体制にはいる時間帯も重要だということになります。

スポンサーリンク

さらに注意すべきことは、寝る前に甘いものや炭水化物を取ると糖を代謝するためにインスリンの分泌が優先されて成長ホルモンの分泌が抑制されることがわかっています。
体は微妙なホルモンバランスでコントロールされているのです。
睡眠時間が短いと、食欲を刺激するホルモンが増えるのに「これだけしか食べるな」という命令はストレスにもつながります。
それを克服したとして、同じダイエットカロリーで生活したら、睡眠時間が長くても短くても減る体重の量は等しくなります。
ただ、内容に差が出ます。
睡眠時間が短いと減った体重のほとんどが体の水分になり脂肪はあまり減りません。
睡眠時間が長いと水分と脂肪が半々に抜けます。
短時間睡眠で食欲があるのに抑えるストレスとで、食べたらすぐリバウンドしやすい公式につながるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加