適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

データでも明らかに。適切な睡眠時間で身長を伸ばす方法。

スポンサーリンク

身長は、遺伝の他に毎日の食事や睡眠などによって変わってきます。
遺伝の影響より、後天的な要因の方が影響は多いともいわれています。
身長を伸ばす上で大切なのは睡眠時間です。
背を伸ばすための「成長ホルモン」は日中より、夜寝ているときに多く分泌されるからです。
睡眠中に途中で目が覚めたり、睡眠時間自体が短いと、成長ホルモンの分泌が妨げられるので、たっぷり時間をかけて、質の良い睡眠をとることが重要です。
1日のうちで1番成長ホルモンが分泌されるのは、睡眠後から3時間の間というデータがあります。
ノンレム(深い)睡眠と浅い(レム)睡眠を繰り返していますが、成長ホルモンはノンレム睡眠のときに、より多く分泌されるので、途中で起きずにしっかり眠ることが大切なのです。

スポンサーリンク

近頃は睡眠時間を多く取れない大人や子どもが増えています。
特に、身長が伸びる時期の子供には、沢山の睡眠を与えてあげてください。
データによると、身長を伸ばすために必要な睡眠時間は幼少期では10時間以上です。
自然に目覚める程度が理想です。
小学生では8時間から10時間程度の睡眠が必要です。
思春期に入ると部活動や受験勉強などで忙しくなり、睡眠の時間が削られることも多くなってきます。
しかし、この時期は身長が伸びる大事な時期なので、意識的に少しでも睡眠を多くとることが大切です。
海外の子どもと日本の子どもの睡眠時間を比較したデータもあります。
10時間以上眠るのは海外の子どもに多く、それだけ身長の伸びも良いといわれています。
たっぷり時間をかけた質の良い眠りのために、子供にストレスを与えず、規則正しい生活を心がけてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加