適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

日本人の子供の睡眠時間の推移

スポンサーリンク

昔の子供と比べて、最近の子供は夜に眠らないといわれるようになりました。
ひとつには、娯楽が普及してテレビを見たりゲームをしたり、遊ぶことをやめられなくていつまでも起きているので、ゆっくりと眠ることがないのです。
もうひとつには学習塾や習い事などをしていると、学校の宿題だけではなく塾の宿題に負われたり、睡眠時間を削ってしまうことになるのです。
どちらも日本人特有の競争社会の弊害と言えますが、家で睡眠せずに学校などで居眠りしてしまう子も多く、学校でも問題になっているのが現状です。
それでは子供にふさわしい睡眠というのは、どのようなものなのでしょうか。
それは日本人の睡眠時間の推移から、読み解くことが出来ます。

スポンサーリンク

昔から現代の子供は20〜30分、平均睡眠時間が減っているという現状です。
昔は子供は夜になるとねかしつけという入眠動作があり、絵本を読んだりして眠りへ移行出来るように親が導くものでしたが、今はこの習慣も薄れ、親が子を寝かしつけることもせずにそのまま眠くなるまで放っておくことがあります。
眠たい時間に寝たらいいと言う理屈は大人のものであって、大人よりも良質で長く睡眠を取らせるように促してやることが大切なのです。
夜更かしして眠いまま起きると、朝食が食べられません。
学校で居眠りをしてしまっては学習が出来ません。
学習が出来ないと言うことは運動不足になり、勉強が追いつかないのでストレスが溜まってしまうという悪循環を繰り返すことになります。
忙しい家庭環境でも、ほんのひとときの入眠儀式で親子のコミュニケーションもとれます。
大事なお子様の為に良質な睡眠時間を作ってあげましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加