適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

推奨できる睡眠時間について

スポンサーリンク

睡眠時間については、人の平均時間を集めることはできますが、平均時間に合わせたからそれがもっとも推奨されるものというわけではありません。
人間には4時間から6時間以内の短時間睡眠で十分なタイプと、6時間から8時間が適切なタイプ、さらに9時間以上寝ないと体が休まらないタイプの3つが存在するといわれています。
そのどれに自分が当てはまるのかをまず確認することが、必要で、その中で自分にあった時間を選択することがもっとも推奨される睡眠時間となるのです。
6時間寝れば十分な人はそれ以上寝ることはやはり無駄になりますし、9時間寝ないとすっきりしない人は短時間の睡眠では大きなストレスを抱えてしまうことになります。
そのあたりを注意する必要があります。

スポンサーリンク

一般的な話として同一の平均寿命で短時間睡眠で済むひとは長時間睡眠をするひとよりもおきている時間としては一生で7年近い時間の差がでるといわれています。
つまり短時間で健康にいられれば7年分おきている時間を長くつくることができるわけですから、それだけ長く活動できることにもなるわけです。
したがって、自分にいかに適切な睡眠時間をとるかが無駄を省いて意味のある人生を送るきっかけにもなってくるということができるのです。
一方で一生に活動している時間は一定だという説もあり、寝ている時間が長いとそれだけ長生きするという話もまだ残されています。
いずれにしても無理のない適切な睡眠時間をとることが健康のためには重要となるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加