適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間の「長い、短い」で、性格も分けられます。

スポンサーリンク

人それぞれ、個人に適した睡眠時間があります。
長く睡眠をとる人、短い睡眠をとる人と様々ですが、睡眠時間の長さで、性格の傾向にも違いが見られるとの事で、これはとても興味深い事です。
かの有名なフランスの武将は、3時間の短い睡眠で過ごしていましたが、日々の活動には何の支障もなく過ごせました。
メディアに登場している芸能人も、短時間睡眠を公表しています。
こちらも、仕事やプライベート活動に精力的で、短時間睡眠だからという特別な支障は見られません。
また反対に、睡眠が長く、天才といわれる研究者も誕生しています。
一般に睡眠が短い人は、寝つきが早くて眠りが深く、目を覚まさずに短時間睡眠で充分睡眠をとっていますし、眠りの妨げになるストレスも抱え込みません。

スポンサーリンク

睡眠時間の長短で、性格にも違いの傾向が見られます。
睡眠が短時間の人はショートスリーパーと言います。
この人は、楽天的で積極的な性格をしています。
外交的であり、社会活動に積極的な勤勉家ですから、経営者、実業者など目指す事が出来ると評価を受けています。
ショートスリーパーは、人との社交的な交際に長ける人だと、言われています。
また睡眠時間が長い人は、ロングスリーパーと称されています。
消極的で人付き合いは苦手ですが、その為、孤独でいる時間を愛する性質があり、独自の世界観を持ちます。
細かくて物事を突きつめて考える事が出来ますから、研究職の仕事を持つ人が、ロングスリーパーの事もあります。
睡眠は、個人的なものですから、眠る時間を変える事は困難に考えられがちです。
しかし、この睡眠時間に関する実験を行った例により、平均6時間から9時間の睡眠をとる人達が、ショートスリーパーになる事は「可能である」と、認識されています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加