適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間と精神状態というのは、性格と関係しているのです。

スポンサーリンク

睡眠時間とその人の性格という事で、近年の研究の結果から深く関係しているということがわかってきています。
それは、その人がどれだけストレスに強い性格なのかということと、関係があるのです。
長時間の睡眠が必要な人というのをロングスイーパーといい、短時間の睡眠でも問題ない人というのをショートスイーパーというのですが、ここにストレスというのが深く関係してくるのです。
それはどういうことかと言うと脳と言うのは、睡眠をとることで疲労回復とか記憶の整理を行っているのですが、これができないようになると、精神状態に異常をきたしてしまい、うつ病になってしまったりするのです。
ただ、そこには、その人の持っている性格といのものが深く関係しているのです。

スポンサーリンク

今までの説明からストレスをためやすい性格の人というのは、必ず長い睡眠をとらないといけないということなのです。
それは先にも説明したとおりに、脳の疲労回復と関係しているのです。
ストレスからくる疲労というのは人によって大きく違い、くよくよする性格の人ほどストレスに弱く、そのために長時間の睡眠が必要になるのです。
ということは、このようなタイプというのは、芸術関係とか学者に多くいるタイプで、よくものを考え、悩み事や問題ごととかが解決しないと前に進まない人ということになるのです。
また、ショートスイーパーの人というのは、この反対の性格の人で、くよくよせずに物事を即決すルタイプに多いのです。
それはいうなれば、企業のトップになる人がそのような人が多いのです。
このように睡眠時間と性格は精神状態に深い関係にあるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加