適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

【体験談】睡眠時間を減らさずに早起きして勉強をすることについて

スポンサーリンク

人間は、寝るときに記憶を定着させるといわれています。
それは、レム睡眠のときに行われるのです。
なぜ行われるのかというと、寝ているのにも関わらず脳は活動しているからです。
つまり、そのことを踏まえると「勉強は寝る前にやったほうがいいのではないのか」という結論に至ります。
しかし、それについて私は賛成しません。
なぜなら、夜は眠くて頭がぼーっとしてしまうからです。
人間というのは、眠くなると頭がぼーっとしてしまい、働きにくくなってしまいます。
そのため、夜寝る前に勉強を行う方法というのは、あまりお勧めができないのです。
では、いつやるのかといわれると、「朝にやる」といいます。
なぜ朝にやると、いいのかについて説明します。

スポンサーリンク

朝、早起きして勉強するということは、頭がすっきりしておりクリアな状態なため、色々な情報を取り込みやすいのです。
つまり、朝早起きして勉強すれば色々なことを覚えられるというわけです。
それを踏まえると、「夜遅くまで勉強し、朝早起きして勉強すればいい」ということになります。
しかし、これではまだ納得できません。
なぜなら、睡眠時間を削っているからです。
睡眠時間というのは、とても大事なものです。
なぜなら、寝ている間に記憶の整理などを行っているためです。
そのため、睡眠時間を削らずに行うことが重要となってきます。
睡眠時間を削らないようにするには、いかに効率よく作業し、記憶を定着させるかが重要となってくるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加