適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間が短いと、長い人に比べて痩せることが難しい

スポンサーリンク

皆さんの中で、ダイエット中の方はいますか。
効率的に痩せるためには、きちんと睡眠時間をとる必要があります。
なぜならm睡眠時間が短い人は、長い人に比べて太りやすいからです。
実際、睡眠時間と体重増加を調べた調査が行われました。
その結果、寝る時間の最も少ない5時間睡眠のグループは、6時間以上眠っているグループに比べ、体重が重くて、年齢を経るごとに急激に体重が増加していることが分かったのです。
日本人の健康診断のデータを分析した研究でも、同じような結果が出ています。
では、なぜ寝る時間が短いと太りやすいのでしょうか。
一番は、身体が脂肪を蓄積しやすくなるからです。
睡眠不足は、脳が生命の危機にさらされる状態だと認識します。
  スポンサーリンク

そして、飢餓に備えるために脂肪を蓄積しよう、と働いてしまうのです。
その結果、体内では満腹ホルモンのレプチンが減り、空腹ホルモンのグレリンが増えてしまいます。
グレリンが多いと、高脂肪食や高カロリー食を好むようになるのです。
睡眠不足のときに、こってりしたラーメンが欲しくなるのはこのためです。
他にも、お菓子などの甘いものや、チップスやナッツなどの塩辛いもの、そしてパスタなどの炭水化物もほしがる傾向があります。
また、睡眠不足の人は十分な睡眠を取った人と比べて、筋肉量が減るというデータもあります。

筋肉は基礎代謝を上げるために大切なものです。
その筋肉量が減ってしまえば、自然と太ってしまいます。
上記のことから、ダイエット中の人はきちんと睡眠をとるようにしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加