適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

急激に睡眠時間が増えたら注意が必要

スポンサーリンク

きちんと寝ているのに、最近急激に睡眠時間が増えた人は注意が必要です。
寝ているのに眠いと言うのは、2つの理由があります。
1つ目は、寝ているようにみえて、実際はよく眠れていないと言うことです。
実は、これは自覚症状が無いため、とても危険なのです。
よく寝ているのに、疲れたと言う人は、眠りが浅い場合が多いのです。
就寝前にぬるめのお風呂に入って、あたたまるなどして、副交感神経を優位に働かせてから眠ることで、良質な睡眠が取れるようになります。
また、視神経の使いすぎにも注意が必要です。
寝る数時間前は、パソコンやスマートフォンを使わず、うす暗い部屋で音楽でも聞きながらのんびりと過ごすようにすると、リラックスすることができます。

スポンサーリンク

2つ目は、病的な理由や精神的な理由があげられます。
何らかの症状によって、身体が疲れてしまい睡眠時間が増えることがあります。
また、中には冬になると日照時間が減り、セロトニンが減ってしまいます。
これが原因で、うつ症状を引き起こし、睡眠時間が多くなってしまう場合もあるのです。
こんな場合も、自己判断せずに不調を感じたらすぐに医療機関を受診するようにしましょう。
それぞれ人によって、個人差はありますが、おおよそ8時間以上寝ないと疲れが取れない人は、注意が必要です。
人間にとって、睡眠は欠かせない存在です。
規則正しく、自分で睡眠時間を決めて脳や視神経、身体をゆっくりと休め、毎日健康的に過ごせるように心がけることが必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加