適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間を測定するアプリを活用

スポンサーリンク

ビジネスや勉強において、睡眠時間を適切に確保することは、記憶力と集中力を高める効果をもたらしますので、より良い結果を求めるのならば毎日快眠をとることをオススメします。
しかし、いくら眠れば良いといっても1時間や2時間といった短時間ではあまり意味がありませんので、今回は人の理想的な睡眠時間について紹介します。
まず、人は睡眠時に何をしているのかという話になるのですが、人の睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の二種類があり、その二つを睡眠中に行なうことで、疲労回復やストレス解消、そして記憶力のアップをはかることができるのです。
レム睡眠は15分程度で終わりますが、ノンレム睡眠は3時間ほどかかりますので、人の適切な睡眠時間は5時間から7時間ほどになります。

スポンサーリンク

集中力や記憶力を高める役に立つ睡眠時間を確保するにあたり、役立つアイテムがあります。
それはスマートフォンの時間測定アプリです。
仕事や勉強の生産性を高めたいけれど、活動時間も減らしたくないという人にこの測定アプリはオススメです。
というのも、人の理想的な睡眠時間は5時間から7時間ほどになるのですが、時間のない人は最低でも3時間は眠った方が良いからです。
しかし、いくら3時間だけ眠りたいといってもそう都合よく起きることができませんが、時間を測定できるアプリがあれば話は別になります。
アプリをインストールした後、時間になったらアラームが鳴るようにセットすることで、仕事や勉強に必要な睡眠時間を確保しながら、活動時間も捻出できるようになるからです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加