適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間が短いと、長い人よりも太る傾向にある

スポンサーリンク

みなさんは、睡眠時間と肥満は密接な関係があるということをご存知ですか。
ある大学の調査によると、睡眠時間が短い人は長い人と比較して、太る確率が高くなることが分かりました。
肥満のリスクを、1日7時間から9時間眠る人と比べると、4時間以下しか眠らない人は73%とリスクが高くなってしまうのです。
では、短いとなぜ太ってしまうのでしょうか。
理由は、まず食欲が増加してしまうからです。
睡眠不足だと食欲刺激ホルモンが増えてしまい、逆に食欲を抑制するホルモンが減ってしまうのです。
実際の調査によると、5時間寝る人は8時間寝る人に比べて、食欲を増進するグレリンが14、9%も多く、食欲を抑制するレプチンが15、5%も低いという結果が出ました。
また、寝る時間が短いと肥満遺伝子が発現しやすいと考えられています。
ある大学の研究によると、 スポンサーリンク

遺伝的に太りやすい体質の場合は寝る時間が短く、多い方が体重も軽いということが分かりました。
寝る時間が7時間の場合、9時間寝る人に比べて肥満遺伝子の発現率が2倍になるそうです。
そして、寝る時間が短いと、カロリー摂取量が大幅アップするということが分かっています。
ある研究で、寝不足だと食欲刺激ホルモンが増えて、空腹感が25%増加することが分かりました。
睡眠時間が減ると、カロリー摂取量が1日350から500カロリー増えるという計算になります。
このように眠りが短いと、肥満に大きく影響を及ぼします。
ですから、なかなか痩せなくて悩んでいる人はダイエット法を模索するより、睡眠時間を見直してみるほうが効果的といえます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加