適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間の長さを決めているのは体質によるもの

スポンサーリンク

睡眠時間は人間が生きていく上でなくてはならないものです。
但し、その時間は人によって様々で、3時間寝れば十分疲れが取れるという人もいれば、8時間寝てもまだ寝足りないという人がいたりと多種多様です。
では、これらの違いはどこから来るのでしょうか。
それは、体質によります。
まず、「ショートスリーパー」と呼ばれる、短時間睡眠体質の人についてです。
このショートスリーパーと呼ばれる体質の人は、睡眠時間が短くても問題ない体質の人で、現在日本では、5%から8%の人がこのショートスリーパーと言われています。
このタイプの人は寝付きがよく、浅い眠りの状態が少ないので、少しの睡眠時間で効率よく質の高い睡眠が取れていることがわかっています。

スポンサーリンク

次に、「ロングスリーパー」と呼ばれる、長時間睡眠体質の人についてです。
このタイプの人は、寝ても寝ても寝足りない、すっきりしないという特徴があります。
現在日本では、3%から9%の人がこのロングスリーパーと言われています。
ちなみに、かのアルバート・アインシュタインもこのロングスリーパーだったと言われています。
そして、この2つのどちらでもないタイプは「バリュアブルスリーパー」と呼ばれ、平均睡眠時間は6時間から8時間の人を指します。
一般的にこのタイプが最も多く、8割から9割の人はこのタイプになります。
利点としては、必要に応じて、一時的に睡眠時間を削ったり、伸ばしたりと調節が効きやすいのがこのタイプの特徴になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加