適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間と体重の関係はあります

スポンサーリンク

睡眠時間というのは人間が疲労をリセットしたり病気などを治癒させるための酵素がでたりする時間です。
要するに食べ物だけで人間は体を維持しているわけではないということです。
けれども食べ物ともまた体重は深い関係があります。
睡眠時間中に余った栄養を貯蓄することも行っています。
寝る直前にものを食べると、それは体を動かすためには使われないで貯蓄に回される部分が多いので太るという構図も成り立ちます。
けれども、しっかり三度三度の食事をきっちり正しい時間にたっぷり食べる人は栄養が十分あるので回復時間となる睡眠時間も短くてすみます。
逆に食の細い人は、必要摂取量に満たないため体としては入ってくる栄養が少ないので睡眠で体の維持を補おうとするため、体重を維持ためにの睡眠時間は長めが必要になります。

スポンサーリンク

睡眠時間は長さもバロメータですが、何時ごろ寝ているかも健康に大事な要素です。
夜中の12時から3時は、体が自分の体の修復を行うコアタイムと言われれいます。
この時間はしっかり寝た方がいいです。
夜勤の人などはこの時間帯を寝ることができないので、病気になりやすいと聞いたことがあります。
夏休みのように、次の日学校に行かなくていいような生活で、好きなだけ夜更かしして、朝だらだら寝るとテキメンに顔はむくみ体重は増えます。
けれども、日中忙しいのに睡眠時間が短いと疲労回復の時間も短くなるので、体に蓄えられている脂肪を効率よく燃やしてくれるので贅肉が落ちて、継続するとそのうちしっかり食べてもスリムな体型が維持できます。
ダイエット効果はあるということです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加