適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間と体力は必ずしも関係があるとは言えない

スポンサーリンク

睡眠時間は人それぞれですが、一般的には睡眠時間は多い方がいいのですが、必ずしも8時間というようなことはないのです。
歳をとるとともに睡眠時間が減ると一般的に言われますが、これは年齢とともに自然とそうなるだけで、若い人でも睡眠時間の短い人も多くいます。
そうなると、歳相応の体力が発揮できないと考えがちですが、必ずしもそうだとは言い切れないのです。
つまり明確に体力との関係を時間では考えることはできないのです。
 私自身はもうすぐ44歳という年齢に達します。
確かに若いころに比べると、睡眠時間が短いとは感じてしますが、それは年齢によるもので、短いから体力がおちているのではなく、歳をとった分体力が低下しているのです。

スポンサーリンク

 では、何が大切なのかということを考えると、熟睡できているかどうかです。
誰でもこれは経験があるはずですが、とても疲れていて、少し眠ったらすっきりして元気が出てきたという経験はあるはずです。
この熟睡できているかどうかというのが一番関係しているのです。
 寝床に入って、朝まで普通に寝ていても、どうも体がだるいということもあります。
それでも7時間は寝ているのにというようなこともあります。
必ずしも時間が長ければいいというものではないということです。
 あくまでも、睡眠の質が問題なのです。
睡眠の質を高めるために、ふかふかの枕を購入したりしますが、それ以外にも睡眠の質を下げる要因があります。
たばこ、アルコールなどです。
これは事実ですので、いかにして睡眠の質を高めるかが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加