適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

大学受験を控える高校生の夏休みにおける適切な睡眠時間について

スポンサーリンク

夏休みは大学受験を控えている高校生にとって、追い込み直前の重要な時期です。
この期間を有意義に使うことで、夏休み以降の学力をぐんと伸ばすことができるのです。
しかし、一日を自由に使えるこの期間は、ダラダラと無駄な時間を過ごしてしまったり、昼夜逆転の生活になってしまったりするなど、かえって学習の効率が悪くなりがちです。
また、無理がきくからといつまでも起きていることによって、理想的な睡眠時間を確保できずに体調を崩してしまうこともあるのです。
ですから、長期にわたる休みとはいえ、きちんとした生活習慣を送ることが大切なのです。
今回は、大学受験を控える高校生の夏休みの過ごし方と睡眠時間について書きたいと思います。

スポンサーリンク

 夏休みに入りほっと気の抜ける受験生も多いですが、何よりも大切なのが生活のバランスです。
夜遅くまで勉強してしまいがちですが、なるべく朝方の生活リズムに整えておいたほうが効率的です。
日中の暑い時間は図書館などの涼しい場所で学習するのも賢い方法です。
勉強中に眠くなってしまったら、思い切って20分程度の昼寝をすると頭がスッキリします。
また、夜にダラダラと起きてしまう場合は、夜は早く就寝してしまい、その分朝早く起きて学習するほうが効率がアップします。
そして、毎日決まった睡眠時間を確保することで、体調が整い脳が活発に働く効果があるのです。
 このように、学習効率と睡眠時間には深い関係があります。
気のたるみがちな夏休みの学習方法を工夫して適切な睡眠時間を確保することが、休み明けの学力アップにつながるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加