適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間が短いと基礎体温も低くなってしまいます

スポンサーリンク

女性の方は、自分自身の体の調子を管理するためにも基礎体温を測定している人が多いですが、毎日測定する基礎体温も、睡眠時間の長さによって多少変動するものであるということが知られています。
人間は、規則正しい生活を毎日送ることでストレス緩和や体調もよく過ごすことができるのですが、毎日毎日同じ時刻に起床し同じ時刻に就寝することは難しいことでもあるのです。
睡眠時間が多く確保できる日もあれば、少ししか眠れない日もあって仕方のないことです。
その日によっても睡眠時間は多少前後しますが、毎日の睡眠時間が平均して短いということになってしまうと体調も良くない状態になってしまうことが多く体のためにもよくないといわれています。

スポンサーリンク

女性にとって基礎体温は、体のバイオリズムを知るのに一番最適な方法になっていますが、睡眠時間が短くなってしまうことによって基礎体温自体も低くなってきてしまうことがあるのです。
基礎体温は低くなってしまうと、ホルモンバランスの崩れにもつながってきますので気をつけなければなりません。
ホルモンバランスが崩れてしまうと、体調に変化をきたすほか毎月の生理も不順になってしまうことが考えられ、体調も整わなくなってしまうのです。
さらに、女性には高温期と低温期が存在しますが、基礎体温が低くなってしまうことによって、高温期の体温も低くなってしまい、妊娠を希望する女性の方にはあまり望ましいことではないということにもなってしまうのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加