適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

7時間半程度の睡眠時間が適切と言われる主な理由

スポンサーリンク

睡眠時間は脳や肉体の回復を図るためにも、極端に長過ぎたり短過ぎたりするよりも、寝起きが爽快に感じるか否かを目安にして、各々に合うと感じられる時間を取る方が良いとされています。
その中でも一般的な論調として、睡眠時間の目安として7時間半前後が適当だとされる説が広まっています。
従来は8時間睡眠が良いとされていた睡眠時間でしたが、その後の研究によって6時間半から7時間半の時間の方が、8時間睡眠の時に比べて生存率や年数、あるいは問診などの調査結果から、長生きや健康状態への有効性があるという結果が出たと言われるほどです。
その理由として考えられている要因の1つとして、睡眠のメカニズム自体と、その中におけるレム睡眠とノンレム睡眠との関係や役割があるとされています。

スポンサーリンク

もともと人間の睡眠時間には90分周期という考え方があり、その周期ごとに眠りのタイプが異なるとされます。
そのタイプ分けとして、脳を休めるノンレム睡眠と、体を休めるレム睡眠とが存在します。
端的な仕組みとしては、寝入った後は深いノンレム睡眠に入る所から始まり、60から80分後にレム睡眠に移り、10から30分後に再びノンレム睡眠に入る、という90分サイクルとなっています。
そして一般的に4回目のレム睡眠の後半で目覚めると良いとされています。
その周期に沿うと6時間前後の睡眠時間が良いと考えられますが、それは理想的な健康状態にある人の目安とも言われています。
つまりここでも個人差があり、健康状態などもあって各周期に若干のズレが生じたため、6時間半から7時間半が良い結果になったとされます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加