適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

運動をすることで睡眠時間が短くなる

スポンサーリンク

睡眠は心身をリフレッシュさせる効果がありますので、毎日適度な睡眠時間を確保することは仕事の生産性をあげ、記憶力や集中力を高めるといったメリットをもたらしてくれます。
このように多くの効用が期待できる睡眠をないがしろにすることは、かえって仕事での生産性を低下させるといったマイナスの結果をもたらしますので、できることならば睡眠時間は減らさない方が良いのですが、ある方法を活用することで睡眠時間が短くなるので、今回は睡眠の質を高めながら時間を減らせる方法を紹介します。
この方法を実践するメリットは、疲労やストレスを適切に解消させる一方で、一日の活動時間を増やせるようになりますので、結果的に仕事の生産性を高める効果をもたらしてくれるのです。

スポンサーリンク

睡眠時間を短くするのならば運動が最適です。
まず、朝はいつもよりも早めに起きてウォーキングなどの軽めの有酸素運動をすることをオススメします。
早朝のうちにウォーキングをすることで身体機能が活発化し、仕事や勉強に対して高いモチベーションをもって取り組めるようになります。
帰宅後も運動をした方が良いのですが、時間があるのならばランニングが理想的です。
これらの運動を通じて仕事中に蓄積されたストレスは解消されていきます。
さらに嬉しいことに、ストレスはただ消えるだけでなく、睡眠の質を高める物質へと変化してくれますので、一日のうちの朝と晩を有酸素運動に費やすことは結果的に睡眠の質を高める一方で、活動時の集中力をあげるといった効果をもたらしてくれるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加