適切な睡眠時間や睡眠時間を短くするなどコントロールする方法

睡眠時間は男女差に違いがあるのはなぜか

スポンサーリンク

睡眠時間は、男女差に違いがあります。
調べによりますと、女性は男性よりも睡眠時間が30分短い、という結果が出ております。
なぜ、男女差に睡眠時間に違いが出てくるのか、ここから、その原因について探っていこうと思います。
まず、その原因とは、女性のホルモンバランスが関係していると考えられます。
女性は、一か月の月経の周期があります。
それによって、睡眠の質が悪くなる時があるのです。
特に、月経になる前は、女性のホルモンバランスが崩しやすくなります。
それが原因で、体の倦怠感や昼間に眠気が多くなったり、精神的にも不安定になったりするので、睡眠の質も悪くなってしまうのです。
次では、男女差の生活習慣見直して、睡眠の違いを探っていこうと思います。

スポンサーリンク

睡眠時間の長さは、男性の方が長いという結果が出ております。
女性の睡眠時間が短いのは、女性のホルモンバランスが原因と、先程書きましたが、特に、子供を持つ女性の生活習慣にも関係しております。
お子さんがいる女性は、どうしても睡眠の質が悪くなります。
乳幼児のいる女性は、赤ちゃんが夜泣きをすれば、すぐに敏感に目を覚めるように、生まれた時から女性のしくみはなっています。
それに、旦那さんよりも早く起きて、旦那さんやお子さんのお弁当を作ったり、家事をしなければならないので、睡眠の質も悪くなります。
それに、家庭を持ちながら、仕事をしている女性も多いので、睡眠時間は男性よりも短いという結果が出ていることが分かりました。
男女ともに、社会でも家庭でもお互いに理解をして、協力して助け合えば、女性の睡眠の質も良くなり、睡眠の男女差に違いもなくなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加